休日が待ち遠しくなる はつかいちまるごと探検ガイド 廿日市まるごと探検ガイド
カルビー株式会社 広島工場 やめられないとまらない!かっぱえびせんの工場見学に行こう!!

川原圭斎窯(かわはらけいさいがま) 培われた技術に巧まざる意図が映える変化に富んだ釉薬の宮島御砂焼

川原厳栄堂(かわはらげんえいどう) 旅のお守りから始まった宮島焼。自由な発想で描き、オリジナルを作る

島田水産 牡蠣の水揚げ体験 広島県内初!漁師と一緒にかきの水揚げ体験!

チチヤス広島工場 1日80万個のヨーグルトをつくる工場を見学しよう!

チチヤス広島工場 1日80万個のヨーグルトをつくる工場を見学しよう!

ちゅーピーパーク 世界最速!毎日18万部。目の前に広がる最新機器に感動

中国醸造 酒造りに徹した歴史。近代的な施設で、伝統手法に触れる。

廿日市市木材利用センター けん玉発祥の地「はつかいち」。ここは西日本唯一のけん玉製作所でもあり…。

宮島水族館〜みやじマリン 瀬戸内海の魅力を余すことなく紹介。「いやし」と「ふれあい」を体験しよう。

伝統産業会館みやじまん工房 子どもから大人まで手軽に伝統文化を体験

宮島遊覧観光 船から望む、厳島の優美な風景と知られざる魅力

山根対厳堂(やまねたいげんどう) 厳島神社の本殿下の御砂(おすな)で作る


 
やまだ屋工場見学 記事01:イメージ画像

やまだ屋工場見学

廿日市市を代表する手土産菓子「もみじ饅頭」
老舗やまだ屋の最新型工場を見学しよう!
やまだ屋工場見学 記事03:メイン記事画像
もみじ饅頭全種類、桐葉菓、RAKU山田屋の商品をすべて作っている工場(おおのファクトリー)をガラス越しにご覧いただけます。
生餡や生地作りから、焼成、包装、刻印まで一連の工程を映像で解説。店内では実際の工程を「もみじ饅頭ソムリエ」の解説付きで見学できます。
そしてなんと!見学記念に、もみじ饅頭(こし餡・つぶ餡)のセットがもらえます!
 見学所要時間40分
所在地 廿日市市沖塩屋2-10-52
TEL 0829-55-0001
公式サイト やまだ屋公式サイト
受付時間 案内見学9:00〜15:00(5名〜80名)
休日 毎日開催
利用方法 3日前までに電話で予約(説明を必要とされる方は、事前にご連絡ください。)
駐車場 あり(若干)
アクセス JR大野浦駅から徒歩10分
 進化するもみじ饅頭
やまだ屋工場見学 記事09:記事画像1
やまだ屋は、昭和7年宮島で「もみじ饅頭」の製造元として創業した老舗。製造機械は、当初の手動式から回転式へ、そして自動焼成機に移行し、1時間当たりの製造個数も200個から10倍以上の2,500個に増えました。熱源も無煙炭から電気、そしてガスへと転換していきました。
やまだ屋工場見学 記事11:記事画像2
もみじ饅頭の種類も、当初は小豆のさらし餡だけでしたが、現在弊社では、約20種類(季節限定品を含む)を製造しています。広島・宮島の特産品を使った味や、クリエーターグループやミュージシャン、そしてアニメとのコラボ商品など、お客様のニーズに応えるべく幅広く商品開発を進めています。
 

田舎茶屋わたや大野店

名物「山賊焼き」 うどん・丼・むすびも自慢

やまだ屋工場見学 近隣スポット01:画像
わたや名物山賊焼きは安心・安全ワンランク上の銘柄鶏、秘伝のたれでじっくりと焼き上げた山賊焼きは日南どり本来の大きさ・旨みをギュッとそのままにお召し上がりいただけます。山賊焼きは、うどんとむすびに相性抜群!お腹満腹。満足満足・・・・
詳しい情報はコチラ

 

ちゅーピーパーク

楽しい体験がいっぱい

やまだ屋工場見学 近隣スポット02:画像
「見る・知る・遊ぶ」をキーワードに中国新聞の製作現場を体感。毎時18万部の高速印刷が可能な世界最速の輪転機や新聞ロール紙の搬送ロボットなど、最新鋭の印刷工場をガラス越しに見学できる。
詳しい情報はコチラ

 

宮浜グランドホテル

美しい瀬戸の島々を見晴らす風向明美な温泉郷

やまだ屋工場見学 近隣スポット03:画像
次の間つきの広いお部屋、和室、洋室、和洋室を設えた味自慢・風呂自慢の湯宿です。夕食は旬味・旬菜をお部屋で。肌にやさしいまろやかな湯が溢れる温泉大浴場からは、宮島と大野瀬戸の眺望を。宮島・岩国・広島の観光ルートにも至便。
詳しい情報はコチラ